日本語
言語選択を行ってください
日本語
ニュース発表
企業活動の再開を支援する-合徳が行動している
時間:2022年06月29日 出所:見送る

コロナ期間中、合徳会社は積極的に我が市の企業と連絡を取り、政府部門と連携し、上流と下流のリンクを活性化するための共同の取り組みを形成した。政府の感染症対策に厳格に協力することを前提に、コンテナ物流の集荷路を開設した。各業務対策を深化・洗練させ、通関手続きを統一的に調整し、防疫状態での業務処理を最大限に効率化し、お客様へのサービス、企業活動の再開に全力を尽くす。

3月20日、唐山市の感染症対策がエスカレートし、唐山市の対外貿易企業の物流が一時的に停滞する状態。合徳会社ではマーケティング担当者が在宅勤務中、唐山地区の生産貿易企業に積極的に連絡し、企業の海上輸送ロジスティクス面での困難や要望を把握する。市商務局、楽亭県政府、県商務局、海港開発区開発改革局、商務局などの関連机関に積極的に連絡・連携し、外国貿易企業の集荷通行証の取り扱いについて相談し、企業活動の再開を支援するために政府部門に積極的に提案する。当社は唐山港合徳自営航路ネットワークと組み合わせて、日本、韓国、東南アジアの顧客への貨物輸出を積極的に引き受け、合徳海上輸送が顧客の予約船の日付、トラッキング番号などの情報証明を発行することを提案し、通行証の発行に根拠を提供することで、政府部門の認識と支持を得る。

\

各級政府部門の強力な支持と顧客の共同努力のもと、初の京唐港まで集荷した対外貿易輸出企業の通行証が24日に許可を得た。グループの指導者と市発展改革委員会の一層の疎通と支持のもと、政策が効果的に推進された。合徳会社は続々と唐山関東精密、華通ケーブル、万聖凱斯瑞特、楽亭金祥笤箒、合元笤箒などの企業に協力して順調に通行証の申請に成功し、唐山港合徳自営航路ネットワークを通じて輸出と船積が行われるようにした。特に、我が市の万生肥料産業を支援するには、交通規制の影響で天津港で予約される予定だった小型コンテナ7本を、我が港である京唐-上海外国貿易支線に転送し、上海を経由してインドネシアに転送すると同時に、この企業と連携し、同社の日韓航路の助けを借り、日韓から原材料を輸入することで、企業の原材料が入らず、製品が出られない苦境を緩和し、企業活動の再開を支援するために有力な支持を提供した。

\

 

サービス上では、合徳のオペレーション部門が24時間無停止で顧客にオンラインサービスを提供している。全過程においてコンテナの船積み出荷を追跡し、オンラインで船荷証券を発行することにより、顧客のB/L変更サービスを無料で提供し、目的港の代理店と迅速な船荷証券交換モデルを協力し、一連の措置を通じて特殊な時期の貨物輸送の時効を保障する。

感染症に対する感染管理以来、合徳会社は唐山市内の外国貿易工場の貿易業者130社余りと連絡を取り、顧客の生産状況を把握し、通行許可証の取り扱いルートを知らせ、顧客と物流方案を協議し、顧客の要望に応える。今後、唐山市の一部の県・地区の秩序ある封鎖解除から市の疫病管理の全面解除に伴い、合徳会社は引き続き積極的に我が市の企業に連絡を取り、関連政府部門と連携し、より多くの優遇政策を実施し、自ら顧客に物流サービスを提供し、我が市の企業活動の再開を支援する。