日本語
言語選択を行ってください
日本語
ニュース発表
新しい旅立ち | 唐山港和徳海運有限公司:勢いに乗って健全に発展
時間:2022年06月29日 出所:見送る

唐山港合徳海運有限公司は2月10日から11日にかけて、2021年業務総括及び2022年度業務計画及び年度表彰大会を開催した。グループの「第14次5カ年計画」の展開及び2022年の改革の全面的深化のために、活動の構想を提出し、任務目標を確定した。

\

\

\

起承転結、「安定」第一

唐山港和徳海運有限公司の陳莉常務副総経理が経営陣を代表し、2021年の活動の総括と2022年の展開について報告を行った。報告書は2021年の各種活動を振り返り総括し、2022年の具体的な活動任務を配置した。報告書は、今年はグループの「第14次5カ年計画」の深化の年であり、グループの指示により、事業と運営のリスクを把握し、「安定」第一の精神で、グループの党委員会の強い指導の下、「市場で十分に競争できる海運会社を作る」という機能ポジショニングを固め、航路のサービス能力を高め、唐山港コンテナ事業を使命とし、会社の持続的かつ健全な発展を達成すべきことを提起した。 

正確に力を発揮し、先頭を走る

2022年の春節期間中、当社は市場の状況に基づき事前に商品の供給源を手配し、対外貿易日韓航路の4つの船舶「開平」「吉鹏」「唐山港集1」「唐山港集2」の運航を手配し、対外貿易日韓航路の4便の合計輸出入量は1668TEUに達した。国内貿易航路の一部の船舶は南方の港で停泊することを選択し、5つの船舶が春節期間に正常に運航し、国内貿易のドライおよびフィーダーは6回の航路の合計輸出入量5099TEUを達成した。。合徳は組織配置を前倒しすることにより、重点航路が春節に運休せず、顧客の物流の需要を満足させるだけでなく、会社の収益・効率向上のために良好なスタートを切り、スタートアップを実現することで、正確に力を発揮し、「止まらないサービス」という特色あるブランドイメージを作り上げた。

改革の全面的深化、前向きに激励

常務取締役総経理の李文勇は、「この一年、我々は新型コロナウイルス感染症の下で国際市場と国内市場の複雑な市場変化に直面し、会社はグループの決定と配置を断固として実行し、改革と革新を行い、努力し、グループが出した評価指標を成功に終え、グループの14次5カ年計画の成功に貢献した!」と強調した。改めて合徳会社の強い戦力と生命力を存分に見せつけた。次の一年、我々は改革を引き続き深化させ、2022年活動の全面的な配置に基づき引き続き奮闘し、前向きに激励を強化し、熱意をもって新しい活動に打ち込み、敢然と戦い、決して緩まない合徳人の闘志を継承し、仕事で優れた貢献をした同志に適宜報いることにしている。確固たる自信と努力で、合徳を国内海運の一流ブランドとし、唐山港の変革とグレードアップ、そして質の高い発展に貢献していく。

2022年の展望:海運部門の発展を推進し、コミットメントを示す

2022年はグループの「第14次5カ年」計画の実施に向けた重要な年であり、唐山港合徳海運有限公司の収益力を持続的に維持する重要な年でもある。新しい年、合徳会社は「十分な市場競争力のある海運会社になる」という戦略的位置づけを実行し、偉大な党建設の精神を受け継ぎ、改革と革新を原動力に、責任を保証に、市場重視の経営を強化し、品質と効率を着実に高め、唐山港集団の変革とグレードアップ、そして質の高い発展に貢献していき、新しい旅立ちへの道を切り開く!