日本語
言語選択を行ってください
日本語
航路確認
国内貿易航路
国内貿易航路概要

国内貿易幹線
 
華南線
現在、同社は4万トンから4.5万トンまでの船を3隻投入している。南沙に直行し、5日間ごとに1便運営している。合楽、新塘倉、東莞港、和楽、順徳新港、四会南江、南沙、清遠、九江源広など30以上のはしけ船の中継点を開通した。高効率な運送を保障すると同時に、全面的な地域カバーレッジを提供している。
 
福建線
1.7万トンの船を1-2隻投入している。福州馬尾に直行し、10~12日間ごとに1便運営している。
 
華東線
1万トンから2万トンまでの船を3~4隻投入している。5日間ごとに1便運営している。乍浦、寧波、温州に直行し、浙江省北部、台州などの地域に放射状に広がっている。
 
長江線
1万トンから1.5万トンまでの船を3隻投入している。上海、南京に直行し、上海、南京を中継港とし、太倉、張家港、常州、江陰、南京、蕪湖、銅陵、安慶、合肥、九江、武漢、南昌、重慶などの30以上のはしけ船の中継点がある。

 

環渤海支線
盤錦、錦州、綏中、黄骅、竜口、濰坊、曹妃甸、天津などの合計10個の口岸を開通した。その中に、天津航路は海外貿易の国内支線であり、ほぼ1日ごとに1便に達した。京唐港は渤海湾の中継ハブ口岸として山東、東北、華北につながっている。
 

 

国内貿易航路の優位
合徳は唐山港グループの子会社として、山東省港グループ、上海港グループ、寧波舟山港グループ、広州港グループと緊密に協力し、埠頭の総合サービス、コンテナの供給源保障、運送ネットワーク拡張、保税越境電子商取引政策などの側面で、様々なお客様のために最高品質のサービスを提供している。
 
2021年に、合徳は「京唐-上海」の直行便を開通し、3日間ごとに1便の密度に達成し、高効率に長江デルタ、京津冀の核心区域に直列接続している。