日本語
言語選択を行ってください
日本語
航路確認
海外貿易航路
海外貿易航路一覧


 

海外貿易航路概要
航路 クラスの期日
釜山航路
  • 京唐 —— 濰坊 —— 釜山 —— 京唐
  • 便期:周便
日本航路
  • 京唐 — 濰坊 — 東京 — 横浜 — 名古屋 — 大阪 — 神戸 — 門司 — 博多 — 京唐
  • 便期:周便
平沢航路
  • 京唐 —— 濰坊 —— 平沢 —— 京唐
  • 便期:周便
海外貿易航路の優位

日本航路

会社の所有船舶を輸送能力に投入している。船団のサービスは安定し、船便の定時出荷・着荷率が高く、再開能力が強く、船室のスペースが十分であり、コンテナの供給源が保証されている。航路のサービスの競争力が強いである。

港の航路の後背地は、河北省東北部、北京市、山東省中西部地区、遼寧省の西北をカバーし、市場で広く認められている。

 

東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、博多に寄港し、日本関東、関西、九州の基本港を全面的にカバーしている。

同じ船会社は国内貿易と海外貿易のコンテナの通用を実現できる。

韓国釜山航路

船便が安定し、再開能力が強く、船室のスペースが十分であり、コンテナの供給源が十分であり、航路チームの経験が豊富で、お客様の様々なサービスニーズを満たすことができる。

釜山を通じて日本清水、新潟、松山、富山、徳島、広島、小名浜、苫小牧、八戸、仙台など26個の非主要港に乗り換えられ、サービスを提供できる。

韓国平沢航路

2020年末に新たな航路を開通し、航路の船便が安定し、定時出荷・着荷率が高く、コンテナの供給源が十分であり、お客様に満場一致で認められている。

航路は平沢港PCTC埠頭に停泊すると、港は24時間の全天候の埠頭サービスを提供し、お客様の貨物引取需要を満足できる。