日本語
言語選択を行ってください
日本語
会社の業務
海鉄連運

        2016年に全国初の複合一貫輸送のモデルプロジェクトに入選しているたことをきっかけに、唐山港は北西戦略を積極的に実施している。現在、山西、陝西、内モンゴル、寧夏、甘粛、青海、新疆、河北、北京などの華北、西北の9省・市に40基の内陸港をすでに設立した。主にオープン・トップ・コンテナとSOC(Shipper’s Own Container)コンテナの海上鉄道複合輸送事業を行っている。貨物の供給源は、石炭、コークス、フライアッシュ、セメント、スラグパウダー、カオリン、塩化ポリビニル、アルミニウムインゴット、トマトペーストなどを主とする。

 

 

 「中国-モンゴル-ロシア」列車によるコンテナトランジット海上鉄道複合輸送事業を展開する。

 

トランジットルート:韓国/日本海から京唐港まで輸送し、貨物を降ろした後、また列車に積載してから、二連浩特口岸を経て越境し、モスクワヴォルシノ駅まで輸送する。

 

トランジット時間:船は京唐港に到着すると、税関申告から貨物を列車に積載するまで3~5日間、京唐から二連浩特まで列車で5-7日間、二連浩特からモスクワまで列車で15日間かかる。

 

トランジット貨物:液晶ディスプレイ、機械設備、紡績品、日用品など。