日本語
言語選択を行ってください
日本語
会社の業務
コンテナ事業概要

合徳会社は、17隻の船舶を所有し、積載量は30万トン以上、総輸送能力万TEUに達し、SOC(Shipper’s Own Container)コンテナは5.5万TEUがある。国内貿易では、23本の航路を開通しており、東北、華北、山東、長江沿線、浙江、福建、華南に分布しており、40以上の都市に到達できる。海外貿易では、韓国釜山、日本関東、関西、九州門司、博多への航路を開通しており、単一の船会社は渤海湾京唐、濰坊2つの口岸によって日本の7つ基本港、韓国釜山港、平沢港に対する高密度フルカバレッジを実現した。

輸送能力
17隻以上
運営船舶
30万トン以上
船舶貨物積載量
1万TEU
コンテナ積載量
5.5万TEU
投入したコンテナ
海外貿易航路のレイアウト

輸送能力:

釜山航路:船1隻

平沢航路:船1隻

日本航路:船3隻

コンテナ:1万本

国内貿易航路のレイアウト

輸送能力:

国内貿易航路:船11隻

総輸送能力:20万トン

コンテナ:4.5万本

 

 

ビジネス上の優位/特性
渤海湾航路
環渤海湾支線につき、京唐港を基礎中継港とした盤錦、錦州、綏中、濰坊、竜口などの環渤海国内貿易支線10本を開通し、ハブ港の優位性を十分に生かし、はしけ船サービスによって東北、華北、山東から福建および長江、珠江水系までの輸出入貨物の輸送ルートを開通するとともに、東北、華北と山東の間に快速的かつ柔軟的な輸送ルートを提供し、サービスブランドを作り上げた。渤海湾支線の年間輸送量は20万TEUに達している。